アスリートと栄養 #1

栄養とは人が生きるために必要な物質を外から摂取すること。
接種されるものは栄養素と呼ばれ、三大栄養素に「炭水化物」「脂質」「タンパク質」そして「ビタミン」「ミネラル」が加わり「炭水化物」「脂質」「タンパク質」「ビタミン」「ミネラル」が五大栄養素となります。

人間の体は、「筋肉」「脂肪」「骨」「血液」「酵素」「ホルモン」などで構成され、この構成は栄養素によって構成されています。

「栄養素」を原料にして「消化」「吸収」「代謝」「合成」を行うことによって、生命の維持を行い、成長に必要な成分を作るといったサイクルになっています。

三大栄養素は体内でエネルギー源や体の組織を作る働き、残りの「ビタミン」「ミネラル」は体の調子整える代謝合成の補助にも働きます。

この栄養が不足することでパフォーマンスの低下や怪我や故障のリスクが高くなります。栄養の摂取量とアスリートの怪我や故障は栄養状態に比例して血液検査で見ると栄養不足と怪我や故障しやすい状態がみれます。

なので、まずはアスリートや運動をする方はタンパク質を主に栄養面を意識することがおすすめです。

 炭水化物(糖質)
糖質は1g4kcalあり体を動かすエネルギー源となる。
糖質が足りなくなると、脳に必要な栄養素が届かなくなったり、足りないエネルギーを補うために体の筋肉や脂肪が分解されてしまいます。

 脂質
エネルギー源として使われ、「細胞膜」「臓器」「神経」などの構成成分となったりビタミンの構成を助けたりする役割があります。

 タンパク質
「筋肉」「内臓」「髪」「爪」などを構成する成分、タンパク質は体内に入るとアミノ酸になります。

 ビタミン
エネルギー源にはならないが、「血管」「粘膜」「皮膚」「骨」などの健康を保つ役割を行います。

 ミネラル(無機質)
「カルシウム(Ca)」「ナトリウム(Na)」「亜鉛(Zn)」「鉄(Fe)」などがあります。
ミネラルは、ビタミンに必要で、筋肉や神経の働きを調整したり、「酵素」「補酵素」の素材として代謝活動でも活躍しています。